[PR]

 同居している両親を包丁で切りつけて殺害しようとしたとして、静岡県警御殿場署は2日、静岡県御殿場市中山、工員佐々木和敬容疑者(33)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。父親は搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 県警によると、佐々木容疑者は2日午前2時ごろ、自宅で就寝中の父親で会社員の悦朗さん(65)、母親でパートの連(れん)さん(59)の2人を包丁で刺し、殺害しようとした疑いがある。悦朗さんは頭や胸、腕など数カ所を刺され、死亡。連さんも胸などを刺されて重傷だが、命に別条はないという。

 連さんが自宅から110番通報。自宅から約300メートル離れたJR御殿場線富士岡駅前を歩いていた佐々木容疑者を警察官が発見し、事情を聴いたところ、「両親を刺した」と容疑を認めたという。包丁は自宅内で見つかった。