自動車部品大手タカタ製のエアバッグをめぐる問題で、トヨタ自動車は2日、「レクサスSC430」「アベンシス」「アベンシスワゴン」の3車種計2929台(2008年1月~10年7月製造分)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、助手席用エアバッグの膨張装置(インフレーター)が異常破裂する恐れがある。昨年6月にリコールしたエアバッグと同タイプの製品をタカタが調べたところ、07年製で異常があったため、リコール対象を拡大した。問い合わせはトヨタお客様相談センター(0800・700・7700)。