原子力規制委員会の有識者会合は3日、北陸電力志賀(しか)原発(石川県)敷地内の断層について、活断層の可能性が否定できないとする結論を正式にまとめた。昨夏に報告書案をまとめ別の専門家の評価を受けていたが、結論そのものへの異議はなく、修正は細かな表現などにとどまった。

 規制委は近く有識者会合からの報告を受け、新規制基準に基づく審査で「重要な知見」として扱う。北陸電は反論しているが、審査で覆せなければ、断層が建屋直下を通る1号機は廃炉を迫られることになる。

 有識者会合がこの日まとめた報告書は、1号機の建屋直下を通る「S―1」断層について、「活動したと解釈するのが、より合理的」とした。1、2号機の重要設備の下を横切る別の断層についても活断層の可能性があるとしたが、深いため、過去の活動でもずれは地表まで及んでいないとした。