[PR]

 アフガニスタン東部のジャララバードにあるインド領事館の入り口付近で2日、何者かが自爆し、仲間とみられる武装集団と治安部隊との間で銃撃戦になった。現地からの報道では、近くにいた民間人ら3人が死亡し、19人が負傷した。武装集団側は5人の死亡が確認された。

 犯行声明は出ていない。ジャララバード周辺では、反政府勢力タリバーンに加え、中東の過激派組織「イスラム国」(IS)の支部を名乗る勢力が活動している。アフガンではインドの関係施設がしばしばテロの標的になっており、インド側はパキスタンの関与を疑っている。(イスラマバード=武石英史郎)

こんなニュースも