[PR]

 衰弱した生後8カ月の長男を放置したとして、広島県警は2日、呉市吉浦神賀町の無職で父親の新井真央(まお)(41)と母親の綾香(あやか)(22)の両容疑者を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表した。長男はこの日朝、遺体で見つかった。真央容疑者は「衰弱しておらず、世話をしていた」と容疑を否認。綾香容疑者は「子どもを大事にしてやれなかった」と話しているという。

 呉署によると、2人は2月上旬~3月2日、長男の衰弱を知りながら、医療機関の受診や看護などをせず放置した疑いがある。

 両容疑者と長男は3人暮らし。この日午前8時ごろ、父親が「子どもが冷たくなっている」と119番通報し、到着した救急隊員が、自宅1階和室の布団の上であお向けになって死亡している乳児を見つけた。

 目立った外傷はないが、あばら骨が浮き上がるほどやせ、体重は生後8カ月の男児の平均のほぼ半分の約4キロだった。県警は3日、司法解剖で死因を調べる。

 現場はJR呉線吉浦駅の北東約500メートルの住宅街。近所の30代男性によると、一家は2~3カ月前に引っ越してきた。乳児の姿は見たことがなく、泣き声も聞いたことがないという。男性は取材に「子どもがいるとは知らず驚いた。相談してくれたら助けられたかもしれないのに」と話した。