[PR]

 中東や北アフリカなどからの難民や移民が欧州に殺到している問題で、欧州連合(EU)の行政を担う欧州委員会は2日、難民らの到着地となっているギリシャなど負担の大きい加盟国を支援するため、3年間で計7億ユーロ(約862億円)を拠出する緊急支援措置を発表した。国際的な人道支援に積極的なEUだが、域内でも異例の大規模支援に乗り出す。

 欧州には昨年、100万人を超える難民や移民が流入。各地に劣悪な生活環境の難民キャンプが林立、人道的な問題に発展している。緊急支援措置は2016年に3億ユーロ(370億円)、17、18年に各2億ユーロ(246億円)ずつ拠出。難民らへの食料や避難所、医薬品などの提供にあてる。スティリアニデス欧州委員(人道支援担当)は「EUで人道的な被害が起きるのを阻止するためにあらゆる措置をとる。残された時間はない」と述べた。

 これに先立ち、ギリシャは1日、EUに4億8千万ユーロ(592億円)の緊急支援を要請していた。同国には今年すでに紛争地シリアなどから、トルコ経由で11万人を超す難民らが到着している。しかし、難民の受け入れに積極的だったオーストリアなどが入国制限に踏み切ったほか、ギリシャの隣国マケドニアも国境管理を強化したため、国境付近に約1万人が立ち往生している。

 またEUは2日、ギリシャが、トルコ経由で入国したモロッコ人やアルジェリア人など経済目的の不法移民308人をトルコに送還する手続きに入ったことを明らかにした。EUとトルコは7日、難民問題を協議する首脳会議を開く。トルコへの不法移民の送還も、議論の焦点の一つとなるとみられている。(ブリュッセル=吉田美智子)

こんなニュースも