[PR]

 菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、北朝鮮軍が発射体数発を日本海に向けて発射したと韓国国防省が発表したことについて、「我が国に飛来する飛翔(ひしょう)体は確認されていない」と述べた。そのうえで、「いかなる事態にも対応できるように緊張感を持って、現在も警戒監視をしている」と語った。

 菅氏は「我が国の安全保障に直接影響のある事態が発生したとは認識してない」とし、「米国、韓国と連携しながら挑発行動の自制、関連する安保理決議や6者共同声明の順守を求めていく」と強調した。

こんなニュースも