[PR]

 名古屋市のアパートに侵入し、就寝中の30代の女性を乱暴しようとしたとして、強姦(ごうかん)未遂罪などに問われた愛知県警の元巡査部長、望月康太被告(30)の判決が3日、名古屋地裁であった。丹羽敏彦裁判長は「警官としての知識を悪用した節がうかがわれ、強い非難を免れない」と述べ、懲役5年(求刑同7年)を言い渡した。

 判決は、在職中の2011年から3年間、10~30代の女性3人に強姦しようとしたり乱暴したりしたと認定。丹羽裁判長は「犯罪を取り締まり、社会の安全を守ることを職責とする警察官でありながら、街中で物色した女性を付け狙って同様の犯行を繰り返した」と指摘した。

 その上で、判決は被害者と示談が成立しているほか、「社会復帰後に薬物治療を含む性依存症治療のプログラム受講を誓約している」と述べ、検察側の求刑より2年少ない判決とした。望月被告は先月の最終意見陳述で「必ず通院し、二度と再犯は行わない。被害者に、大変申し訳なく思います」と述べていた。

 判決によると、望月被告は11年9月26日早朝、名古屋市内の女性のアパートの部屋に侵入。寝ていた女性の口を手で塞ぎ、暴行しようとした。