[PR]

 総務省に無届けでインターネットの中継サーバーを運営していたとして、大分県警と京都府警が中国籍の女(32)を電気通信事業法違反(無届け)の疑いで逮捕した事件で、押収したサーバーを両府県警が調べた結果、ヤフー、グーグルなどのIDやパスワードが約27万件見つかったことが分かった。ログインできるか、何者かが試した形跡もあったという。

 両府県警は、ネット犯罪組織が何らかの方法で不正に入手し、詐欺犯罪などに使った可能性があるとみて調べている。

 大分県警によると、事案が発覚した端緒は、昨年2月。大分県中津市の男性から「ヤフーオークションで自分がカメラを落札し、その代金をたまったポイントで支払ったことになっているが、全く身に覚えがない」と相談があった。

 京都府警にもネットを通じた事件の相談があり、双方のパソコンやスマートフォンを解析したところ、神奈川県座間市のアパートの一室に置かれた11台の中継サーバーにたどりついた。

 両府県警は今年2月16日、このサーバーを無届けで運営していたとして、中国籍の女を逮捕。女は調べに対し「中国のいとこに頼まれてサーバーを設置した」「不正なアクセスには関係していない」と話しているという。(鈴木春香)