[PR]

 民主党と維新の党は3日、合流に伴う新しい党名を公募することを決めた。4~6日に両党のホームページなどで呼びかけ、候補名を募る。夏の参院選に向けて有権者の関心を集める狙いもあるが、両党内で浮上しているアイデアだけでも「百家争鳴」状態。公募後に党名を決める手順も固まっておらず、協議は難航しそうだ。

 民主、維新両党による党名検討チームの赤松広隆・民主最高顧問は3日、党名を公募する手続きについて「国民の幅広い英知を集め、関心を持ってもらうことが目的だ」と語った。

 別の狙いもあるようだ。民主側は「民主」を残すような名前にすることを、維新は党名刷新をそれぞれ要求。「いくら議論しても決着しない」(維新の江田憲司前代表)との懸念から、対立を表面化させないための手法といえる。

 実際、両党内でアイデアは「百出」している。

 民主内では、略称が「民主」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら