日本銀行の中曽宏副総裁は3日の記者会見で、「我々はデフレのターミネーター(断ち切る人)。新政策は、日銀の揺るぎない信念の表れだ」と述べた。人気のSF洋画を引き合いに、マイナス金利政策の効果に自信を示した。

 那覇市で地元経済界との懇談後に会見に応じた。「ターミネーター」は、頑強で冷徹に目的を遂行するロボット名にちなんだ映画。中曽氏は「日銀はデフレ克服の使命を達成するまで、何度でも戻ってくる」との表現で、映画中の名せりふ(I’ll be back)にかけて、追加の金融緩和が可能との考えも示した。経済情勢をみながら、マイナス金利の幅を広げるだけでなく、国債などの資産買い入れを増やす考えだ。

 懇談では、地銀関係者から、マイナス金利政策によって市場金利が下がり、運用や貸し出しの利益減少を招くとの不安が示されたという。中曽氏は会見で、「短期的には収益に影響を与えるが、新政策が最大限に効果を発揮することが金融機関の収益にも貢献する」と理解を求めた。「非常に新しい政策なので、市場が政策の内容や意図を消化するのには、時間がかかる」とも述べた。(内山修)