[PR]

◇ヤクルト2―1DeNA

 ヤクルトのドラフト1位新人・原樹(東洋大)が先発で4回無失点と好投し、開幕ローテーション入りへ前進した。

 毎回のように走者を背負ったが「狭い球場(横浜)だから強気で攻めよう」と大胆に内角を突いた。右打者は決め球シュートで詰まらせ、三回2死一、二塁のピンチは4番筒香をカットボールで遊飛に仕留めた。予定は三回までだったが、志願して四回も続投。前回(2月21日)登板から6イニング連続無失点で、真中監督は「(開幕ローテ)候補ですね」と認める。

 東都大学リーグでもまれた右腕。昨秋の1、2部入れ替え戦で投げ合い、前日好投したDeNAの新人今永(駒大)とは「お互いの活躍がモチベーション」とエールを送り合う仲だ。「先頭打者を出したのは反省。次に生かしたい」。生き残りへアピールを続ける。

関連ニュース