[PR]

 英国のキャメロン首相は3日、フランスのオランド大統領と仏北部アミアンで首脳会談を行い、英仏国境が置かれた仏北部カレーの警備強化などの費用として1700万ポンド(約27億円)を拠出すると発表した。

 カレーには英国への渡航をめざす難民や移民のキャンプ、通称「ジャングル」があり、現在、約4千人が暮らす。仏政府が移民らの移送やテントの撤去でキャンプの規模縮小を進めている。拠出金は、移民らを仏各地の一時滞在センターへ移す費用や、難民と認められにくい人々を母国に送還する費用などに充てられる。キャメロン首相はまた、仏政府と共同で15億ポンド(約2410億円)を出資し、新型の無人戦闘機を開発することも明らかにした。(ロンドン=渡辺志帆