4日の東京株式市場は、日経平均株価が4日続けて値上がりした。終値は前日より54円62銭(0・32%)高い1万7014円78銭で、2月8日以来約1カ月ぶりに1万7000円を回復した。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同6・30ポイント(0・46%)高い1375・35。出来高は26億5千万株。

 東京外国為替市場の円相場が1ドル=113円台後半で推移し、前日より円高に振れたことが警戒され、朝方は売り注文が先行。一方で、原油先物相場が落ち着いていることなどを受けて買い注文も膨らみ、日経平均は小幅な値上がりで取引を終えた。

こんなニュースも