[PR]

 メキシコ保健省は3日、豚インフルエンザ「H1N1」型の感染者が、昨年10月から今年3月までに945人に上ったと発表した。このうち68人が死亡した。前年同期では感染者数は4人、死者数がゼロだったため、大幅な増加という。

 2009年にメキシコから世界に広まった豚インフルエンザは1万8千人以上の死者を出し、世界保健機関(WHO)が世界的大流行(パンデミック)を宣言した。(ロサンゼルス=平山亜理)

こんなニュースも