[PR]

 4日の東京外国為替市場の円相場はやや円高で推移している。午後1時の対ドルは前日午後5時より46銭円高ドル安の1ドル=113円67~68銭。対ユーロは同36銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円41~42銭。

 3日の海外市場では、米国の2月の非製造業景況感指数の結果がさえず、米景気の後退懸念からドル売りの動きにつながった。ただ、4日は米国の2月の雇用統計が発表されるため、その結果を見極めたいとして、積極的な取引を控える雰囲気も強い。

関連ニュース