[PR]

 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選第3日は4日、キンチョウスタジアムなどで3試合があり、世界ランク4位の日本は同17位の中国との第3戦に臨んだ。

 日本は前半14分、パスミスから中国に先取点を奪われ、後半12分過ぎには追加点を決められた。日本は同19分に横山が1点を返すにとどまり1―2で敗れ、勝ち点1で予選突破が絶望的となった。日本の先発はGK福元、DF近賀、熊谷、鮫島、田中、MF阪口、川村、宮間、中島、FW大儀見、横山。韓国戦から先発を3人入れ替えた。

 世界ランク6位の北朝鮮は同29位のベトナムを1―0で下し、勝ち点を5に伸ばした。2連勝中で同9位のオーストラリアは同18位の韓国に2―0で勝利し、勝ち点を9に伸ばした。

 最終予選は6チームが1回戦総当たりで争い、2位までが五輪出場権を獲得する。

     ◇

 2位以内の五輪出場権を得るためには、日本は残り2試合を勝って勝ち点を7まで積み上げることが絶対条件。さらに、現在勝ち点7の中国、同5の北朝鮮、同2の韓国が7以下となり、勝ち点で並んだ場合は得失点差で上回らなければならない。日本は7日午後7時35分からベトナムと対戦するが、同日午後4時35分から行われる中国―韓国戦で中国が引き分け以上の場合、この時点で日本の出場はなくなる。オーストラリアが勝ち点を9に伸ばしたため、日本の1位はなくなった。

     ◇

 宮間 「3試合通じて結果を出せないというところだけがうまくいっていない。死にものぐるいでやっているつもりだが、足りない」

 日本・佐々木監督 「『なでしこ』が3大会連続で世界の決勝に進めた時とは、世界の状況が変わっている。必ず勝たせてあげなきゃいけない中、結果を出させてあげられなくて残念。指導者としての僕の立場がどうなるかというのは、今後、みなさんで検討してもらうことになると思う」

 大儀見 「この試合に負けることが何を意味するのかは、自分の中で理解して挑んだ。ただ全ての選手が理解していたかというと、きっとそうではなかった」

 日本協会・大仁会長 「戦術、技術をもっと高めないといけない。他国のレベルが上がっているのに、我々は落ちている」

 中国・ビニ監督 「今日の試合には満足している。選手たちが戦術、フィジカル的に良いプレーをしてくれた。日本はいつも通りの試合運びができていなかった。日本は(五輪出場が難しくなったが)、この5年間で、たくさんの結果を残してきたことを忘れてはいけない。みんな佐々木監督のことを尊敬している」

こんなニュースも