[PR]

 4日午前5時20分ごろ、長野県上田市踏入の指定暴力団山口組系の暴力団事務所から「組の者だが、早く来てくれ」と通報があった。上田署員が駆けつけたところ、事務所の壁に複数の焦げ跡が見つかった。県警は現住建造物等放火未遂の疑いで捜査を始める一方、暴力団同士の抗争の可能性もあるとみて周辺の警戒を強めている。

 組織犯罪対策課によると、建物の壁には発火物が飛び散って焦げ付いたような跡が複数あった。当時、事務所内には数人の組員がいたという。