【動画】どんこ舟に乗ってパレードする琴奨菊=横田千里撮影
[PR]

 大相撲初場所で悲願の初優勝を果たした琴奨菊を祝うパレードが5日、故郷の福岡県柳川市であった。水郷、柳川にふさわしく、琴奨菊は掘割(水路)を進むどんこ舟に乗って、市民らへにこやかに手を振った。

 地元で結婚の披露をしたばかりの琴奨菊は、妻の祐未さん(29)と並んで乗船した。縁起を担ぎ、コースは通常とは逆の上流へ向かう「川上り」とした。

 花火の合図で、柳川藩の出陣太鼓「沖の石太鼓」の演奏に送られて午前9時半に出発。後援会メンバーらとともに15隻の舟を連ね、約4キロを1時間半かけて水上パレードした。

 後援会はこの日のため、「祝優勝」と記した小旗5千本を手作りで用意。掘割沿いを埋めた市民らは、小旗を振って祝福した。

 水上パレードを前に、出発地点の沖端地区に設けられた水上の仮設舞台で、琴奨菊は「優勝できたのは柳川のみなさんのおかげです。これからも自分の相撲道に自信をもって取り組みます」とあいさつ。急にあいさつを求められた祐未さんは涙ぐみながら「関取を支えます」と誓った。(佐々木達也)

関連ニュース