[PR]

 川崎市の有料老人ホームで入所者の男女3人が転落死した事件で、神奈川県警は4日、2件目となる女性(当時86)を殺害した疑いで、元職員の今井隼人容疑者(23)を再逮捕し、発表した。「黙秘します」と話しているという。捜査関係者によると、これまでの調べに「女性は徘徊(はいかい)がひどかった」と供述。県警は介護の仕事にストレスを感じ、連続して事件を起こしたとみて調べている。

 横浜地検は同日、今井容疑者を、2014年11月上旬に男性(当時87)を4階から投げ落として殺害したとする殺人罪で起訴した。

 今回の逮捕容疑は同年12月9日未明、川崎市幸区幸町2丁目の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、女性(当時86)を4階のベランダから落とし、殺害したとするもの。捜査関係者によると、ベランダには高さ60センチほどのパイプ椅子が置いてあった。今井容疑者は任意段階の県警の事情聴取で、「椅子を用意した」と話したといい、県警は自殺に見せかけようとした疑いがあるとみている。

 施設などによると、この女性は要介護2で、1件目の男性が暮らしていた403号室に入居。同じベランダから落ちていた。

 今井容疑者はこれまでの調べに、もう1件の同年12月下旬の女性(当時96)の転落死についても殺害を認める供述をしており、県警が裏付けを進めている。(照屋健、奥田薫子)