[PR]

 日産自動車と仏ルノーは4月から、研究開発など4部門に加え、品質や原価管理の部門の一部も統合する。部門をまとめる担当者は両社で1人とし、一体的に事業を進める。これにより、2018年のコスト削減効果を年間55億ユーロ(約6820億円)と見込む。さらに会社や車のブランドは維持しつつ、販売・マーケティングや商品企画、アフターサービスなども一体化できないか検討する。

こんなニュースも