[PR]

 北朝鮮は4日、国連安全保障理事会の制裁決議に対し、「断固たる対応措置」で対抗していくとする政府報道官声明を発表した。朝鮮中央通信も同日、「敵に対する軍事対応を全て先制攻撃方式に切り替える」とする金正恩(キムジョンウン)第1書記の発言を伝えるなど、北朝鮮はさらに強硬な姿勢を取る考えを鮮明にした。

 北朝鮮は政府報道官声明で、4度目の核実験は米国の敵視政策と核の脅威から身を守るための「自衛的な核抑制力確保の措置」であり、事実上の長距離弾道ミサイル発射は「衛星の打ち上げ」で、「主権国家の合法的な権利行使だ」と主張した。そのうえで、制裁決議は「極悪な挑発で、断固として排撃する」とした。

 声明はさらに、「強力で無慈悲な物理的対応を含む様々な手段と方法が総動員される」とし、「朝鮮半島とその周辺で誰も望まない事態」が起きれば、その責任は米国などが全面的に負うと警告。「自衛的核抑制力をさらに強化していく」とし、核開発を続ける方針も示した。

 一方、朝鮮中央通信によると、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも