[PR]

 4日午前10時40分ごろ、広島県福山市本郷町の市立本郷小学校で児童が拳銃の実弾のようなものを拾ったと、同校から県警に連絡があった。福山西署や同校によると、3日午前10時40分ごろ、小学3年の女児がグラウンド西側の体育倉庫の前で拳銃の実弾のようなものを2個拾った。翌4日、学校で友達に見せたところ、拳銃の弾ではないかと言われ、校長に届け出た。発射された痕跡はないという。署は何者かが落とした可能性があると見ており、県警科学捜査研究所で弾を鑑定する。(久保田侑暉)