[PR]

 5日午前4時20分ごろ、津市愛宕町の指定暴力団山口組系の暴力団事務所に軽乗用車が突っ込んでいるのをパトロール中の三重県警津署員が見つけた。事務所内に人はいなかった。県警は山口組分裂に絡む事件の可能性があるとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 津署によると、軽乗用車は三重ナンバーの盗難車。後退する形で事務所1階の車庫のシャッターを押し破っており、前照灯はついたままだった。約1時間前の午前3時15分ごろ、事務所から約1・5キロ離れた津市内のコンビニ駐車場で軽乗用車が盗まれたと110番通報があり、津署員が周辺を捜索していたという。

 県警は、事務所に設置された防犯カメラの映像を調べている。捜査関係者によると、この暴力団の構成員は10人前後で、山口組幹部の出身母体とされる。