[PR]

 大阪市交通局は5日、市バスの男性運転手(47)が運転中に意識を失い、物損事故を起こしたと発表した。運転手と乗客10人にけがはなかったという。

 市交通局によると、4日午後9時半ごろ、大阪市住吉区万代東3丁目の府道で、あべの橋発おりおの橋行きのバスの運転手が突然意識もうろうとなり、時速10キロほどで約60メートル走行。路肩の電柱と安全柵に接触して止まった。運転手は乗客に声を掛けられて意識を取り戻し、病院に運ばれた。

 事故後の検査で異常は見つからず、後日詳しく調べる。バス運転歴は20年で持病はなく、4日午後2時半の勤務開始時の健康チェックでも正常だったという。市交通局は当面乗務させない方針で、「原因を究明し、再発防止に取り組む」としている。