[PR]

 LGBT(性的少数者)の人たちへの理解を深めてもらおうと、三重県志摩市で5日、当事者たちによる模擬挙式とブライダルショーがあった。主催した市民団体は「都会に比べるとLGBTの子らが生きやすいとは言えない地方でやることに意味がある」という。

 「今日が2人にとってスタートライン。好きな人と花嫁姿で歩けてよかった」

 パートナーの男性(41)と模擬挙式を行った石橋磨季さん(37)=愛知県北名古屋市。純白とピンクのウェディングドレスに身を包み、バージンロードを緊張した様子で歩いた。

 男女で着替えを別々にするようになった小学校の高学年の頃、体と心の性の不一致に気付いた。「親も理解してくれない」と隠したまま就職し、30歳で女性と結婚。だが、カミングアウトをきっかけに離婚した。

 模擬挙式をしたパートナーの男性とは約2年前に知り合った。「いつか、本当の結婚式がしたい。友達を呼んで小さなハウスウェディングをするのが夢」

 イベントは、地元の市民団体が企画し、大阪でLGBTのブライダルショーを開催してきた大阪市の芸能事務所が共催した。