NHK連続テレビ小説「あさが来た」の最後の収録が5日、大阪市中央区のNHK大阪放送局であった。約10カ月間の撮影を終えたヒロインあさ役の波瑠さん(24)は涙を浮かべ、「こみ上げてくるものがあります。今も終わった実感がしない」と語った。

 夫の新次郎を演じた玉木宏さん(36)の目も赤く、「あっという間とはいえない10カ月間を、無事にゴールできてよかった」。スタジオにはすでに撮影を終えていた出演者らも集まり、一緒にクランクアップを祝った。

 NHKによると、2月27日までの期間平均視聴率(ビデオリサーチ調べをもとにNHKが集計)は関東地区が23・4%、関西地区が21・1%で、関東地区では今世紀最高だった「さくら」(2002年)の23・3%を上回る勢いだ。(松本紗知)