[PR]

 中国の全国人民代表大会(全人代)で明らかにされた「第13次5カ年計画案」には、減速感を強める経済での政策方針だけでなく、「国家安全体系の建設」や海洋進出への積極姿勢などといった項目も盛り込まれた。習近平(シーチンピン)国家主席の目指す国づくり全体の重点課題が示された形だ。

 「この3年間で、900万トン以上の旧式の製鉄・製鋼の生産を減らした」

 李克強(リーコーチアン)首相はそう手元の政府活動報告を読み上げた。しかし、実際に書かれた正確な数字は9千万トン。統計数字などについて抜群の記憶力で知られる李氏だが、ゼロを一つ見逃したとみられる。

 ほかにも、李氏は読み間違いが目立った。明確に分かるものだけでも30回以上。何度も言い直しつつ、A4判36ページを読み終わるのにかかった時間は約1時間50分。会場からの拍手は計45回に上ったが、記者席の中国人記者からは「声に元気がないなあ」との声も漏れた。

 注目はむしろ、李氏の後ろで、にこりともせずに座った習氏に注がれた。

 5カ年計画案では、習氏が強い…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら