[PR]

 男子マラソンのリオデジャネイロ五輪代表最終選考会となる、びわ湖毎日マラソンは6日、滋賀・皇子山陸上競技場発着の42・195キロで行われる。選考を巡り、記録が低調なら3枠ある代表枠を一つ返上する可能性が浮上した中でのレースとなる。

 五輪代表は最大3人。現在、最有力は昨年の福岡で2時間8分台を出した佐々木悟(旭化成)で、他に2時間10分を切った選手はいない。日本陸連が定めた2時間6分30秒を突破した選手が出ない場合は、三つの国内選考会の上位各3選手から日本陸連が総合的に勘案して選ぶ。