[PR]

 シンクロナイズド・スイミングのリオデジャネイロ五輪予選で、日本は6日に行われたチーム種目のフリールーティン(FR)を94・6333点の1位で終え、テクニカルルーティン(TR)との合計点を全体2位の186・7330点とし、上位3チームに与えられるリオデジャネイロ五輪への出場権を獲得した。チーム種目での五輪出場は1996年アトランタ大会から6大会連続。全体1位は186・7855点のウクライナ、3位は181・7487点のイタリアだった。

 TRではウクライナに次ぐ2位だった日本が、FRでウクライナを上回った。昨年11月に取り組み始めた内容で、新曲を使い、以前のFRに比べて高度な技を詰め込んだ。

 井村雅代ヘッドコーチは「通常…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

関連ニュース