[PR]

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)が13日に初日を迎え、注目は綱とりに挑む大関琴奨菊だ。「初めて賜杯(しはい)を抱いたあの重さ。もう1回、体験したい」と意気込む大関が、先場所のような力強い相撲を取り続けられるかどうか。横綱が最高位力士として明文化されて107年。72代目横綱への道のりは、そう簡単ではない。

 1日、大阪府松原市の佐渡ケ嶽部屋。大阪入り後、初の本格的な稽古を終えた琴奨菊が報道陣に笑顔で問い掛けた。「体(の状態)、落ちてないですよねえ?」。裏返せば、それだけ自信があるということだろう。

 2006年初場所の栃東(現玉ノ井親方)以来、10年ぶりの日本出身力士の優勝を果たしたことで、イベントに引っ張りだこになった。番組出演に自身の結婚披露宴、部屋のある千葉と地元福岡での優勝パレードなど多忙を極めた1カ月余だが、「時間が少ない中でも体のケア、トレーニングなどやるべきことはやってきたつもり」と言う。専属トレーナーの塩田宗広さんは「いい感じできていると思う。忙しいのにそこまでできるのかと思ってたから」。筋肉トレーニングの数値は落ちていないという。

 昨秋ごろから急激に調子を上げ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら