[PR]

 一つの銀河に見えても、二つの銀河が衝突するほど接近しているものがあるとする研究成果を、愛媛大の小林正和特定研究員らの研究グループが発表した。銀河の衝突によって星が活発に作られ、大きな銀河に育っていく過程が分かったという。米天文学会の専門誌アストロフィジカルジャーナルに掲載された。

 研究グループは、米ハワイのすばる望遠鏡で発見した、126億光年先にある約80個の銀河を、ハッブル宇宙望遠鏡の高性能カメラで撮影し、画像を解析した。詳しい形がわかった54個のうち8個は二つの小さな銀河が衝突し始めている段階で、残り46個は細長い形をした一つの銀河のように見えた。

 この細長い銀河をシミュレーションを行って分析した結果、宇宙望遠鏡の解像度でも見分けられないほど距離が近い、二つの銀河の可能性があった。距離が近いほど新たな星が活発に作られていることも判明。小林特定研究員は、「理論で予測されていたように、銀河が合体を通して『小から大』に進化している様子が初めて見えた」という。(佐藤建仁)

こんなニュースも