[PR]

 2月に刊行されたタレントで米カリフォルニア州弁護士ケント・ギルバート氏の著書「やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人」(PHP研究所)で、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されていた情報を、誤って神戸大学大学院教授の見解として紹介していたことが分かった。同社は著書の誤記については公表しておらず、「読者から問い合わせがあったら対応する」と話している。

 著書の第4章「中国による『人民大虐殺史』を世界記憶遺産に推薦しよう」の中で「神戸大学の梶谷(かじたに)懐(かい)先生によると、PRC(中華人民共和国)はヨーロッパでも反日工作をかなり強めているようです」とした。

 この箇所を含む二十数ページ分は、PHP研究所の月刊誌「Voice」2015年12月号でも、ほぼ同内容が掲載されている。現代中国経済が専門の梶谷教授はネットでこの記述を見つけ、2月12日、こうした見解を表明したことはないと同社に抗議した。

 同社は梶谷教授に謝罪し、著書…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら