[PR]

 開催中の2016年秋冬パリ・コレクションで、猫やネコ科の動物のモチーフを多くの人気ブランドが取り上げ、さながら「パリ・コレに猫大発生」の様相を呈している。

 若手デザイナーによる斬新な作風で人気上昇中のロエベは、革製の猫のお面風ネックレス。ドリス・ヴァン・ノッテンやエルメスの靴のコレクションには、プリント柄でヒョウやチータの姿が描かれていた。東京発のアンダーカバーの服にも、のんびりとした様々な猫の姿態がプリントされている。

 先行したミラノ・コレクションでも、グッチの“自称パンサー”や、ドルチェ&ガッバーナの飼い猫風の絵柄が印象的だった。

 「猫起用」のブランド側の理由は様々だ。「成熟し洗練された現代女性に必要なものとして」(ロエベ)、「テーマにした1920年代の伯爵夫人のペットだったから」(ドリス・ヴァン・ノッテン)、「今後のブランドの方向性として動植物のデザインが重要なモチーフになるのでその一環として」(グッチ)――。

 パリやミラノのコレクションで、ひとつの動植物がここまでの頻出トレンドになることは最近では珍しい。背景には、ネットの普及によりファッションのサイクルがますますスピード化する中で、「リラックス」をテーマにするブランドが多いことが考えられる。

 日本でも猫ブームが続くが、ペ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら