[PR]

(7日、サッカー女子・リオ五輪アジア最終予選 日本6―1ベトナム)

 日本・佐々木監督 「(ベトナム戦は)なでしこらしさを持ってピッチに立ってくれた。(予選を)突破できなかったのは僕のせいで申し訳ない。初戦で勝てず波に乗れなかった。予選前の準備で実戦的な練習試合が必要だったかなという反省がある」

     ◇

 ベトナム・チュン監督 「ゴールを決める力の差が点差となった。終盤に体力が足りず、連続して失点した。日本は高いレベルにあるが、世代交代の時期であり、以前の力はない」

     ◇

 五輪出場権を獲得している男子U23日本代表の手倉森監督 「残念。自分たちは前評判が低かったが、(女子は)勝って当たり前と思われる難しさがあったのではないか」

関連ニュース