[PR]

 札幌市で6日に開かれた「第87回宮様スキー大会国際競技会」の会場で破裂音がした事件で、道警が任意で事情を聴いている男が「騒ぎを起こして目立ちたかった」という内容の話をしていることが捜査関係者への取材でわかった。道警は同日夜、男の札幌市内の自宅を火薬類取締法違反容疑で家宅捜索した。

 事件は同日午前10時15分ごろ発生。三笠宮家の彬子(あきこ)さまが会場内を移動中、破裂音がし、近くで「自分がやった」と話した男を警察官が取り押さえた。

 男は当時、長さ約40センチの金属製のパイプを所持しており、道警はパイプを使って音を発生させたとみて調べている。