[PR]

 大阪府門真市で生花店アルバイトの渡辺佐和子さん(25)の切断遺体が見つかった事件で、無職の森島輝実容疑者(29)=死体損壊・遺棄罪などで起訴、強盗殺人容疑などで再逮捕=が「渡辺さんのスマートフォンから無事を装うメッセージを送信した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者らによると、渡辺さんが殺害されたとされる昨年12月24~25日、渡辺さんのスマホから家族や友人にあてて「心配しないで」といったメッセージが送られた。

 森島容疑者は自分が送ったとしたうえで「自宅マンションに帰ると渡辺さんが死んでいた。行方不明とされたほうが周囲は悲しまないと思った」と供述。遺体を切断し、マンションや渡辺さんが住む近くのシェアハウスに遺棄したことを認める一方、殺害については否認しているという。渡辺さんがマンションにいた理由については、「シェアハウスで開くクリスマスパーティーの用意で来ていた」と説明しているとされる。

 渡辺さんのスマホからは友人へ「急用で(パーティーに)出られない」とするメッセージも送信されており、府警は森島容疑者が事件の発覚を遅らせようとした疑いがあるとみている。