NTTデータは、米パソコン大手デル傘下のIT企業、ペロー・システムズを買収する方針を固めた。すでにデル側と交渉を進めており、買収額は数千億円になる見通し。人口減で国内事業の先細りが懸念されるなか、買収を通じて海外事業を強化する狙いがある。

 ペロー社はITシステムの設計・管理を手がけ、病院向けに強みを持つ。NTTデータは、ペロー社の病院向け事業のノウハウを得て、海外事業の収益拡大を進めたい考えだ。

 ペロー社は米大統領選挙に出馬経験のある実業家ロス・ペロー氏が創業し、2009年にデルが買収した。

こんなニュースも