[PR]

 兵庫・淡路島の事務所が神戸山口組の本拠と認定されてから、初めて警察が家宅捜索に入った。大量の覚醒剤が日本に持ち込まれていた事件。福岡県警などは資金源とみられる覚醒剤の密輸ルート解明をめざす一方、全国各地で頻発する指定暴力団山口組との抗争への警戒も強めている。

 8日午後、淡路市の本部事務所と傘下組織「山健組」の神戸市中央区の事務所に、「福岡県警察」「海上保安庁」などの制服姿の捜査員計約120人が入った。山健組は、神戸山口組の井上邦雄組長の出身母体でもある。

 家宅捜索はいずれも30分ほどで終わり、捜査員が段ボール数箱を持ち出し、目立った混乱はなかった。

 神戸山口組系組幹部らが密輸し…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら