[PR]

(8日オープン戦、ロッテ7―2日本ハム)

 野球日本代表・侍ジャパンの強化試合を終え、日本ハムの中田がチームに戻った。その最初の試合で不動の4番は存在感を示す。三回2死一塁。高めの直球をフルスイングすると、フェンス直撃の二塁打。先頭打者の六回も真ん中の直球をとらえ、左翼線へ二塁打を放った。

 強化試合2試合で7打数無安打のうっぷんを晴らすかのような二つの打球は、ともにバットの真芯でとらえた。しかし、中田は納得しない。「2本ともドライブ打球だった。ちょっと、もったいない」。高く大きな放物線を描くのが、理想の打球だ。手に残る感触としては、スタンドまで届いていないといけなかった。

こんなニュースも