[PR]

 東日本大震災から5年になるのを前に、警察庁は8日、2月末現在の被害状況をまとめた。死者は12都道県で1万5894人、行方不明者は6県で2562人。死者はこの1年間で4人増え、行方不明者は27人減った。

 被災3県の死者は1万5827人。宮城が9541人、岩手が4673人、福島が1613人だった。身元がわからない遺体は岩手59体、宮城16体。行方不明者は宮城1237人、岩手1124人、福島197人だった。

 総務省消防庁は8日、1日現在の東日本大震災の被害状況をまとめた。避難生活などで体調を崩すなどして亡くなった震災関連死も含めた死亡者は、1万9418人。この1年間で193人増えた。住宅の全壊は12万1809棟、半壊は27万8496棟だった。