[PR]

 8日午後2~3時ごろにかけて、浜松市浜北区尾野の静岡県立森林公園内で、50~70代の男女9人がイノシシにかまれたり、逃げる際に転倒したりしてけがをした。県や県警によると、70代男性と60代女性の2人が腕や足をかまれるなどしたが、命に別条はないという。ほかの7人は軽傷だという。

 県や県警によると、イノシシが出たのは公園西側の遊歩道近く。体長約60センチで、2~3歳の比較的小さなイノシシとみられるという。同日午後2時10分ごろ、遊歩道を歩いていた60代女性が「イノシシにかまれた」と管理事務所に駆け込み、職員が110番通報した。その後も周囲を散策していた人が次々に襲われたり、逃げる際に転んでけがをしたりしたという。

 県によると、イノシシは8日夜までに捕獲されていないという。県は当面の間、出没地点の周辺を立ち入り禁止にするとともに、猟友会メンバーと周囲をパトロールする。公園内はこれまでも度々イノシシが出没していたとみられ、芝生が掘り返された跡などがみつかっていたという。

 同公園の企画管理課長、井口裕…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら