[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの新しいエンブレムを選び直す大会組織委員会のエンブレム委員会(委員長=宮田亮平・東京芸大学長)は8日、最終審査での新エンブレムの選考方法について、全21委員による1人1票の投票を繰り返し、過半数を得た作品に決定することを決めた。作品はその後、大会組織委理事会で承認され、新エンブレムとして即日、発表される予定。

 最終候補の4作品は現在、国内外で商標調査を実施中。調査を通過した作品をホームページ上で公開し、最終審査では国民の意見や評価を参考にして協議する。投票は過半数を得られる作品が出るまで、最下位の作品を除いて繰り返す。

 また、宮田氏は4月から文化庁長官に就任するが、新エンブレムが決まるまで委員長を続ける。