広島県府中町教育委員会は8日夜、記者会見を開き、同町立府中緑ケ丘中学校3年の男子生徒(当時15)が昨年12月、自殺していたと明らかにした。学校側は「(生徒が)1年生の時に万引きをした」とする誤った記録をもとに、生徒が志望した私立高校への学校長の推薦はできないと告げていた。生徒はこのことが親に伝えられた日に自殺していた。

 同町の高杉良知(りょうち)教育長は「生徒の自死の背景には、誤った記録に基づき、進路指導を行っていたことがあった」と言い、「不安や悲しみを感じた生徒や保護者、関係者に深くおわびを申し上げる」と謝罪した。

 会見などによると、昨年12月8日夕、生徒が自宅で倒れているところを父親が発見。病院に搬送されたが死亡が確認された。メモが残されていたが、自殺の理由について具体的な記載はなく、いじめの事実も把握していないという。

 学校側は生徒が1年生だった2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら