[PR]

 4月に開かれる主要7カ国(G7)外相会合に向けて広島市などがつくったポスターが再び回収、廃棄されることになった。日本地図に北方領土が入っていないことが分かったため。今年2月にイタリア国旗の配色を誤り、印刷し直したばかりだった。

 8日の衆院安全保障委員会でおおさか維新の会の下地幹郎氏が「北方四島が入っていない」と指摘。岸田文雄外相は「ポスターには問題があり、すべて回収した」と述べた。外務省でも掲示されていたが、すでに撤去された。

 ポスターは広島市などで構成する支援推進協議会が作製。2月にできた当初のポスターはイタリアの国旗の色が違い、アイルランド国旗のように見えたことから約2千枚を刷り直した。同協議会は「チェック不足が原因」としている。

 協議会は広島県外向けのポスターのデザイン一新を決定。日本地図を外した約200枚を追加で印刷するという。(安倍龍太郎)