[PR]

 東日本大震災や東京電力福島第一原発事故の避難生活による体調悪化などが原因の「震災関連死」は2月末時点で、岩手、宮城、福島3県で計3405人に上った。昨年3月以降も少なくとも11人が亡くなり、関連死とされた。11日で震災から丸5年。長期にわたる避難が、被災者の心身に影響し続けている。

 3県によると、今年2月末までに震災関連死と認定されたのは、岩手459人▽宮城920人▽福島2026人。昨年3月末以降129人が認定され、うち112人は福島だった。福島ではその後、9日現在でさらに5人増えている。

 市町村別では、福島県南相馬市が485人と最多で、同県浪江町380人、同県富岡町が336人と、福島第一原発周辺の被災者が目立つ。原発事故で今も10万人近くが県内外に避難する福島では、関連死の数が津波や家屋の倒壊など震災が直接の死因となった1613人(警察庁まとめ)を上回っている。

 福島第一原発に近い町では昨年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら