[PR]

 スピードスケート男子500メートルで史上初めて34秒を切る33秒98の世界記録を昨年11月に作ったパベル・クリズニコフ(ロシア)と、ソチ五輪ショートトラック男子5000メートルリレーで金メダルを取ったセミョン・エリストラトフ(ロシア)ら3選手から、ドーピング検査で陽性反応が出たと、ロシア国営通信社Rスポーツ(電子版)が8日、報じた。

 3選手が陽性となったのは、女子テニスのマリア・シャラポワが陽性となったメルドニウム。今年1月から禁止薬物に指定されている。ロシアのムトコ・スポーツ相は「大規模にはならないが、今後さらに違反者が出てくる可能性がある」とコメントした。クリズニコフは12年9月にドーピング違反が発覚し、2年間の出場停止処分を受けており、今回確定すれば、2度目の違反となる。(ロンドン=河野正樹)

こんなニュースも