[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が「核弾頭を軽量化し、弾道ロケットに適した標準化、規格化を実現した」と述べた。朝鮮中央通信が9日、報じた。弾道ミサイルに搭載が可能になる核弾頭の小型化に成功したと主張し、核開発能力を誇示するねらいがあるとみられる。

 朝鮮中央通信によると、正恩氏は核兵器研究部門の科学者、技術者を指導した際に語った。正恩氏は戦略弾道ロケットの弾頭に核兵器を装着するための研究の状況について説明を聞き、小型化された核弾頭の構造的原理を了解したという。

 正恩氏は核施設の正常な運営や核物質の増産、より威力があり、小型化された核兵器とその運搬手段をより多く製造するよう強調。既に実戦配備された核攻撃手段を絶えず更新することも求めた。「(米国が北朝鮮の)自主権と生存権を核で襲おうとするときは、ちゅうちょなく核で先に一気にたたくだろう」とも述べたという。