[PR]

 接骨院や歯科医院を使った組織的な健康保険の不正請求事件で、警視庁は9日、医師でタレント活動もしていた脇坂英理子容疑者(37)や歯科医師の重松武容疑者(58)ら計4人を逮捕し、発表した。

 組織犯罪対策4課によると、脇坂容疑者ら4人は2012年11月~14年9月、自身が院長を務めていた千葉県船橋市や東京都目黒区のクリニックで、一度だけ受診した患者が別の日にも受診したとするなどのうその内容で診療報酬を請求し、約155万円を詐取した疑いがある。警視庁は、同様の手口で1千人規模の患者役を使い、接骨院などから不正請求を繰り返していたグループとみている。

 船橋市のクリニックは、重松容疑者の歯科医院と同じ建物に入り、重松容疑者から患者の紹介を受けていた。捜査関係者によると、グループは患者役に歯科医院とクリニックを続けて受診させ、数万円の報酬を渡していたという。クリニックを受診した30代男性は取材に、「医師は誰もおらず、健康保険証をコピーさせるだけで帰った」と話した。

 目黒区のクリニックのホームページによると、美容内科や美容皮膚科で「美肌」や「若返り」をうたって点滴治療などを紹介していたが昨年5月に閉院。捜査関係者によると、脇坂容疑者は個人的な遊興費による借金があり、経営が苦しくなっていたという。