[PR]

 動物を虐待したとして警察が昨年、動物愛護法違反容疑で逮捕・書類送検したのは63人(前年比11人増)で、統計が残る2010年以降、最も多かった。警察庁が10日、発表した。

 全体で計56件あり、動物別では猫が最多の34件、犬は20件、ハムスターとニワトリが各1件。行為別では、遺棄27件、殺傷17件、不衛生な環境で育てたり餌を与えなかったりする虐待が12件だった。

 動機では、「野良猫のノミを除去しようとしたらかみついたり暴れたりしたので粘着テープを巻きつけ、紙袋に入れて公園のゴミ箱に入れた」「野良猫の子どもを放置したら死んでしまうと思ったので穴を掘って埋めた」「飼育できなくなった」などがあった。